ホーム » 2018 » 6月

月別アーカイブ: 6月 2018

出会い系アプリを使って不倫を繰り返す主婦の末路

探偵社の調査員になって5年目ですが、一番多いのは浮気の調査ですね。

もちろん、その証拠を集めるにはカンやコツのようなものもありますが、習熟も必要です。

その上、突発的な事態に対し、即座に判断して行動する応用力も必要です。不倫調査をしていることが相手やその関係者に知れると、依頼者に不利益をもたらしかねませんので、用心に用心を重ねるのが探偵としての常識なのです。

配偶者の浮気にピタリととどめをさすには、誰にでも明白な浮気の証拠を押さえておき、双方に慰謝料の支払いを求めるのが驚くほど効果があるそうです。

一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、さほど罪悪感を感じていないという実態もあります。

代償としての慰謝料を要求することにより、彼らがやったことの反省を促すというわけです。依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で対象を調べることだってあるのです。相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。交友関係を絞っていき、時にはそれらの人たちに聞き取りをするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。それに、あくまでも企業秘密で、公表されていない調査手法などもあるのは事実です。探偵社の調査代金の支払方法ですが、古手の中堅以上のところでしたらクレカ払いや分割払いができるところもいくつかあります。
すぐ不倫の調査を依頼したいのに、支払いでためらっているのであれば、分割OKの事業者を最初から選ぶといいのではないでしょうか。

懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、禁断の恋に陥る危険性が高いです。

憧れの人と話がはずんでしまったり、級友同士ということでお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。
もし里帰りや同窓会、OB会などのあとにパートナーの挙動に不審を感じたら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。

全国展開している大手業者であっても、最高だとかは言えませんけれども、比較的規模の大きな探偵社を選ぶと間違いが少ないです。

会社規模が小さなところでは、調査も満足に行わないうちに代金を請求してきたり、費用の説明が不十分なところもあるからです。もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども重要です。納得がいかないようなら依頼すべきではありません。

出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。

浮気の事実が知られ、家族、親族、同僚などからそっぽを向かれたり、住宅ローンの精算や慰謝料などの問題に発展する場合も当然あるでしょう。
あるいは双方離婚してくっつく例もないわけではありません。
いずれにせよ、心の底から安心して幸せになるという到達点は、金輪際ありえないのです。

探偵御用達のツールとしては、無線発信機が全盛だったころもありますが、近年は精度の高くなったGPSに取って代わり、旧型の発信機と比べると明らかに尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。

昔と違って今のGPSは精度がだいぶ高くなっていて、電波の届きにくいガレージや立体駐車場、地下等でない限り、対象の位置の把握は難しいことではありません。そんなGPSを設置できれば、調査の精度はさらにあがります。

夫の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、大切な人のことを無闇に否定したりしないことです。
要望があっても妻のわがまま程度にとどめ、これを言ったら本当にケンカになるなと思ったことは、グッと我慢しますし、収入や家計の責任を相手だけに押し付ける発言をしないことです。

家のために働いてくれている男性の気持ちを考え、妻らしく容姿外見にも気をつけて、女らしいふるまいを心がければ恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと考えています。

子供のいる親が離婚する時は、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子の親権をあきらめなければいけないと思っている人が少なくないようです。

一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。
親権というのは原則的に、日常的に子と生活を共にしているかとか、子供を育てることに協力的だったかどうかといった点がチェックされます。要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかが優先されると考えて良いでしょう。