ホーム » コラム » やや太り気味と言われていた40歳直前の高齢出産をへて

やや太り気味と言われていた40歳直前の高齢出産をへて

寝ても覚めても船酔いのように吐き気が続くつわりの期間は本当に辛いものです。

 

症状や期間は異なりますが自分が楽だと思える方法を見つけましょう。

 

最初に、お腹がすいていると気持ち悪い、辛くなる時間もある程度決まっている、などパターンを把握することで対策を立てることが出来ます。仕事がある方は仕事中に少し休憩したい時もあるでしょう。安定期前だと言いづらいですが、少しでも気にしてもらえるよう仲の良い人には妊娠中のことを伝えましょう。
妊娠期間中は第一に妊婦さん本人がイライラしないことが赤ちゃんにとっても重要なことではないでしょうか。初めての妊娠なら特に変わっていく体や生活環境に戸惑い知らず知らずのうちにストレスが溜まることになると思います。

 

そんな中で、栄養や赤ちゃんのことを考えて健康に気遣うのは当然のことですが、普段の行動や食事を無理に制限することは逆に精神衛生上よろしくないような気がします。

心安らかに過ごすことが最も大切だと思います。
私は40歳直前での高齢出産だったので、助産師さんや先輩ママさんをはじめ、多くの方からアドバイスを頂きました。やや太り気味と言われていたので、とにかく体重を増やしすぎないよう言われました。

しかしあいにく、食べていないと気持ちが悪くなる、食べづわりだったので、常に何かを食べている状態でした。

 

瞬く間に20キロ近く太ってしまい、足はまるで増のようにむくみ、妊娠中毒にもなり、入院寸前の劣等生妊婦でした。

でも、出産は1時間もかからずあっという間でしたので、結果としては妊婦として合格点だったと思っています。
妊娠中は簡単に体重が増えてしまいます。基本的に太りにくい体質で、大量に食べても太らないし、仮に太っても苦労せず痩せられると思い、好物を気の向くままに食べていました。すると、気が付けば体重が15キロも増えてしまい、料理を作るのも掃除も大変でした。
産後1年になりますが、未だに体重は元に戻っていません。

世間一般的に言われている通り、栄養を考えて食事制限をし、ほどよい運動も必要だと思いました。

妊娠中に気をつけることは、とにかくストレスをためないことです。ストレスがたまるとついついヤケ食いをしてしまったり、冷静さを失って危ない行動に出たり、ゆとりを持って日々を過ごせなくなります。そうなると、母体に負担がかかり、赤ちゃんにもよくない影響を及ぼす可能性があります。出産は命がけの、人生の一大イベントです。神経質になる必要はありませんが、いいコンディションで出産を迎えられるよう、ゆったりと心身を整えていきましょう。

妊娠するということは、妊娠の仕組みを知るといかに奇跡かが分かります。
妊娠できる期間というのはとても短いのです。毎月の生理周期を女性は記録しがちですが、赤ちゃんを望むのであれば重要視すべきなのは排卵日がいつなのかということです。

 

月経があっても排卵のない状態では妊娠することは無理です。

妊娠を希望するのなら女性自身の排卵周期を知ることから始めましょう。
初妊娠をした喜びはとても大きく、すぐに仕事を辞めてしまいました。
退職したのはいいが、することがなく暇な毎日になってしまいました。やる事が無く友達などとランチに出ることが増えたため出費はかさみ、更に体重が増えすぎたため検診で指摘されてしまいました。

特につわりも酷くなく、元気に過ごせていたので程よく仕事をしつつ妊娠ライフを過ごすべきだったと思いました。いまひとつ認知度が低いのですが、仕事をしているママで会社で入る健康保険に保険料を納めている場合、全国にある教会けんぽのような健康保険組合から給付金を受けることができます。
被保険者である妊婦が、出産を控えて会社を休み、その間給料をもらうことができなかったら、出産日を含む42日前と、出産日から後の56日の範囲で出産手当金を受け取ることができます。出産手当金は、仕事を休んだ期間1日につき標準報酬日額の3分の2となります。

妊娠後間もなく、酷いつわりにみまわれたのと、体力的に厳しい仕事だったため、退職しました。

退職される人も少なくないと思いますが、体力的に厳しくなければ、働き続けてもいいと思います。妊娠中は葉酸を取るためのサプリメントを摂るよう指示されたためちゃんと飲んでいました。また貧血だったので処方された鉄剤に加えて鉄分を多く含む食べ物を摂るように心がけていました。
妊娠中は無理をしないようにまわりの人に助けてもらいながらマイペースに過ごしてほしいです。

 

家事に全力と尽くすとお腹に力を感じたり、仕事で力を入れすぎると体のコンディションが悪くなったり、精神衛生上も影響が出ます。食事する時はつわりで食べられない時は食べやすいものを食べ、それは気にしないようにしてほしいです。

 

わたしはつわりが大変でしたが、葉酸を含んでいるサプリは、気合を入れて少し取るように気をつけました。